数日前から、我が家の小さな庭に遊びに来ている。

ほうせんかの蜜を吸いにきているのだ。

飛んで行ってしまっても、じーっと待つと同じ個体が同じ場所に戻ってくる。

調べてみると、蝶には、「蝶道」というのがあり、

同じ場所を同じ時間に通ることで、オスがメスを探すのに効率が良いということらしい。

アゲハ蝶の寿命は成虫になってから平均2週間と短い。美人薄命である。

残念ながら我が家の庭では他の個体を見かけないので、彼(彼女)の給水所といったところだろう。

キアゲハの食草は「せり科」である。同じアゲハでも、クロアゲハは「柑橘系」。

来年は、パセリを植えて「おもてなし」をしてみようと思う。