「屁・糞・蔓」と書く。

名前だけで、臭いがしてきそうだ。

なんともかわいそうな名前を付けられたものである。

先日、河川敷で見つけ少しばかし頂いてきた。

つる性の植物、「左巻き」である。

別名?「ヤイトバナ(灸花)」「ヤオトメソウ(八乙女草)」ともいう。

これらは、花を形容して付けられたもののようだ。

薬効として、しもやけ・ヒビ・あかぎれ、実でtinctureをつくり、化粧水やクリームにもできる。

名前の割りに、中々優秀ではないか。早速、作ることにする。

人間、「屁」も「糞」も出なけりゃ大変なことである。

※写真は「まゆみ」に巻き付いていた「ヘクソカズラ」。